A Tokyo-based think tank sharing better ideas for Japan and the world
MENU
About us

インターンシップ

インターン募集のご案内

RJIFでは、年間を通じて学生インターン(大学生・大学院生)の受け入れを行っています。

実際のプロジェクトに入っていただき、リサーチ、書籍の編集業務、イベントの企画・運営、その他関連する事務のサポート業務などに携わっていただきます。第一線で活躍される研究者、実務家、メディアの方々などともご一緒にプロジェクトを作り上げていきます。繁忙期にはかなり忙しくなりますので、やる気のある方、プロアクティブな方、時事問題にご関心のある方のご応募をお待ちしています!

過去の受け入れ先 (50音順)
慶應義塾大学、上智大学、東京大学、明治大学、早稲田大学、海外(アメリカ、イギリス、シンガポール)他多数

募集要項

主な業務内容
  • 政治、外交・安全保障、国際関係論、経済など時事問題に関する公開情報(書籍、論文、新聞報道等)の収集・とりまとめ・抄訳作成
  • 論文執筆その他リサーチ活動をサポートする上での、関連データ収集、トレンド分析、資料作成、編集
  • RJIFが主催するセミナー、シンポジウム、その他イベントの企画・運営サポート
  • 会合やインタビューの資料整理、文字起こし(日本語・英語)、要約作成
  • ウェブサイトやFacebookの更新、その他広報資料作成のサポート
対象
  • 大学生以上
  • 国籍不問 (ビジネスレベルの日本語力は必須)
  • 英語力 (プロジェクト毎に要・不要が異なるため、詳細はお問い合わせください)
  • PCスキル(Microsoft Word, Excel使用経験)

*学業や就職活動などとの両立のため、勤務の詳細は相談の上決定

期間 6ヵ月以上(期間については応相談)
勤務時間 原則平日 9:00~17:30、週3日~ (その他詳細は、応相談)
イベント開催時などは、場合により時間外勤務有
報酬 当財団規定による
勤務地 一般財団法人日本再建イニシアティブ
東京都港区赤坂2-23-1 アークヒルズフロントタワー
採用プロセス ご関心のある方は、以下をメールで info@rebuildjpn.org宛にお送りください。
(書類のフォームは問いません。なお、資料上のすべての個人情報は、選考以外の目的には利用いたしません)
  1. インターン期間について(可能な期間と希望開始日)
  2. 履歴書(ウェブサイトをご覧いただき、興味を持たれたプロジェクトを明記してください)
  3. 志望理由にからめて、ご関心のある時事問題に対するご自身の意見を述べてください(300~500字程度) 

1次選考・・・書類審査
2次選考・・・面接

お問い合わせ 当財団ウェブサイトのメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

Gallery

インターン体験談

インターンシップ生の体験談の一部を紹介します。
〈名前|インターンシップ期間|出身校|インターン終了後の進路〉


「一つの事を好きになって、志を持ちながら、突き詰めること」

長川 美里|2015年10月~2016年4月
東京大学公共政策CAMPUS Asia|IT企業勤務
参画プロジェクト:日本再発見

インターンを始めたきっかけ

大学院を9月に修了した後、就職まで時間ができたので長期的に取り組めるインターンを探していました。 面接時にプロジェクトの説明を聞き、「日本再発見(Why Japan Matters)」という、その当時スタートしたばかりのプロジェクトにすごく惹かれました。大学院では韓国・中国に留学し、専門は東アジアの国際政治でしたが、「日本再発見」というプロジェクトは多角的な視点から日本という国の価値を見つめなおす国際的なプロジェクトで、私自身が国際社会というフレームワークを通して見つめてきた母国を、新しい視点で見つめなおす事ができるのではないかと思ったんです。留学中よく日本の様々な事を聞かれたのですが、政治や外交だけではなく、もっと色々な分野から自分の国について話せたらいいのにと感じていたので、本当に実りあるインターンだったと思います。

インターンで経験した業務

主に3種類の業務がありました。1つ目はメインであるプロジェクト関連のリサーチ、会合の書類準備や当日雑務、書き起こし、サマリー作成。2つ目は直属の上司の仕事に関連するリサーチで、そして最後にインターンプロジェクトの立ち上げからマネージメントです。特に3つ目のインターンプロジェクトは、私が財団に入った後の2015年の11月から発足したので、その当時在籍していたインターンの仲間ととても濃い時間を過ごせたと思います。第一回は困窮者自立支援法に焦点をあて進めていたのですが、トピックを決める段階から、実際に自分たちだけで財団の名前を背負ってインタビューの日程を決定したり、記事を起こす体験という貴重な経験をすることができました。

印象深かった出来事

私が関わった日本再発見というプロジェクトは、メンバーもヒアリングにいらっしゃる方々も非常に国際的で、かつ著名な方々ばかりでした。その分野を極めた方が放つ言葉というのは非常に生き生きとして、日本社会の明日を真剣に考えるその思いに、心を動かされる場面が多々ありました。そういう意味では、6ヶ月全てが印象的な毎日だったと思います。それ以外では、インターンプロジェクトにご協力頂いた塩崎厚生労働大臣へのインタビューが印象に残っています。大臣と顔を合わせ、私ともう一名のインターンでインタビューをさせて頂いたのですが、国を動かす方の放つオーラに圧倒されました。加えて塩崎大臣の柔らかい人柄に、上に立つ人間がどうあるべきかという本質を教わった気がします。

財団で得たもの

一つの事を好きになって、志を持ちながら、突き詰めること。その大切さをこの6ヶ月で再認識し、自分自身が目指したい社会像に向けて頑張るモチベーションを頂きました。それはやはり日本再発見で垣間見たその分野で名を連ねる方々の人生や思いに、深く心を動かされたからです。日常では出会えないような方々のお話が聞けたことは本当に私の将来の財産ですし、その方々が放った言葉の一つ一つを、私は忘れないと思います。また、自分が将来上に立つ人間になった時にどういう人間でありたいかを得た経験でした。柔軟性を備えながら、非常に親身に何でも相談に乗り、私と同じ目線に立って指導してくれる外国人上司に私は恵まれました。これまでのアルバイトやインターンとは全く違った形で仕事をする事ができ、私もいつかこのような姿勢で指導できる立場になれたらいいなと感じました。

最後にひとこと

Failure is expected, success is rewarded!
会合中に聞いたこの言葉で、インターン生活の心構えとまとめに変えさせて頂きます。


「自分の携わったプロジェクトが世に出て行く喜び」

丸山 勝大|2015年1月~2016年3月
早稲田大学政治経済学部|新聞記者
参画プロジェクト:中道保守日本再発見

インターンを始めたきっかけ

ぼくの入団経歴は少し特殊で、財団が短期で募集していた打ち込みのアルバイトに来たのがきっかけでした。もともとジャーナリスト志望だったのですが、バイトの最中に見ていた財団の仕事内容に興味を惹かれました。バイトの仕事内容自体はたいしたことではなかったのですが、財団内で聞こえてくる会話、職員の方のお話が非常に勉強になり、思い切って是非ともインターンとして雇ってくれと頼み込んだのがインターンを始めるまでの経緯です。そのまま居つくことになり、最終的には1年以上もお世話になりました。

インターンで経験した業務

財団のプロジェクトでは、政治家や官僚・経済人や芸術家など様々な方に財団でインタビューを行うので、その方の経歴を調べて資料としてまとめたり、インタビューの議事録を作成したりしてプロジェクトのサポートをしていました。インターンによるプロジェクトについても立ち上げに携わりました。仲間たちと協力してテーマの問題についてリサーチ・議論を重ねて方向性を見出し、誰もまだ深く調べていないようなところを自分たちで調査、世に送り出す一連の流れがワクワクするほどやりがいがありました。

印象深かった出来事

自分が初めて関わったプロジェクトの本(『「戦後保守」は終わったのか―自民党政治の危機』)が出版されたときは感慨深かったです。家の近くの書店に行き、その本が店に積まれているのを見て、ニヤニヤしてしまいました。本を開いて、冒頭にお手伝いとして自分の名前も載っているのを見てやっぱりニヤニヤしてしまいました。出版までの作業や記者会見のお手伝いなど、普通のアルバイトではなかなか出来ない苦労も多く有りましたので、自分の携わったプロジェクトが世に出て行く喜びは何にも変えがたいものがありました。

財団で得たもの

知識・・・・・・と言うと大仰ですが、物事を考える時の材料や考え方の枠をたくさん得る事ができたと思います。各界のトップリーダーたちのお話をじかに伺う事ができるので、政治・経済・文化・科学分野やいろいろな世界の動向が耳に入ってきます。そういった情報が増えてくるにつれ、実生活や社会の動きなどを見て考える習慣も身につきました。

最後にひとこと

「シンクタンクでのインターン」というと敷居が高く思われがちかもしれませんが、実際は職員・インターン同士も仲が良く、何よりものすごく自分の勉強になるのでおすすめです(笑)


“Constantly thriving and always learning more at an extremely challenging pace”

Jorel CHAN|2015 August-2015 October
Singapore Durham University, School of Government and International Affairs|早稲田大学大学院アジア太平洋研究科進学
Project: Diplomacy & Security program

How did this internship opportunity at RJIF arise for you?

In the summer of 2014, I had travelled to Japan for a summer school in Hiroshima on nuclear disarmament, after which I volunteered at various disaster-hit areas across Fukushima, conducting research interviews with the refugees for my university thesis on Japan’s post-3.11 humanitarian and energy security issues. During my transit in Tokyo, I had the chance to meet Ms. Wakugawa, research manager at RJIF, where we discussed my ongoing humanitarian engagements as well as my academic background in international relations, specifically in East Asian regional security. As I had always been interested in a pursuing a career with a think-tank in Asia, an internship with RJIF presented itself as a thoroughly invaluable opportunity which I gladly accepted. I commenced my internship with RJIF in the summer of the following year, and will be resuming work with the organization in the spring 2016, alongside pursuing a Masters in International Relations at the Graduate School of Asia-Pacific Studies in Waseda University, Tokyo on the Monbukagakusho research scholarship awarded by the Japanese government.

What were your internship assignments?

I was assigned to the Diplomacy & Security program, where we handle foreign affairs pertaining to Japan’s national security. Work at RJIF can be categorized in three general types: organization-related, forum-related and research-related work.

Organization-related work involves assisting the organization with internal administrative tasks such as copywriting and editorial work for our own publications before they are produced, updating the website which includes layout formatting and translations, as well as discussing media strategies for the organization’s outreach and potential development.

As a think-tank that specializes in convening key stakeholders of their respective disciplines through organizing forums such as the Sasakawa USA Emerging Experts Delegation (SEED), as well as our annual Military Statesmen Forum (MSF) as bilateral channels for informal diplomacy, forum-related work therefore involves corresponding and liaising with the secretary offices of policymakers and parliamentarians for scheduling purposes, brainstorming and drafting the forum agenda and profile materials, and preparing all logistics – venue, transport, documents, seating arrangements among others – for the forum itself.

In order for us to ensure that every forum’s scope remains relevant to facilitate productive dialogue, we are regularly involved in research-related work, such as attending talks ranging from trilingual academic presentations discussing China’s brand of capitalism, to security exchanges like the German-Japan Defense Industrial Forum. Not only do these events supplement our understanding of the pertinent issues at hand, but they are ideal platforms to strengthen our networks by meeting new personnel involved in research related to our work.

What was your most memorable event during the internship?

The most memorable event during my internship with RJIF has to be preparing the SEED forum between a delegation of U.S. academics and Japanese politicians, where I was given the opportunity to shadow my mentor on her visit to Kasumigaseki to call on these Japanese politicians whom we had invited for the forum. This was the first time I entered the grounds of the Japanese government for official visit, most memorably the House of Representatives where the parliamentarians’ offices resided, which too offered a full view of the Diet building across the main street! For me, as a Singaporean, it was nothing short of a privilege and honor to be privy to the internal venues of Japan’s key political institutions, all as part of RJIF’s work in bringing together delegates from Japan and the U.S., the two major powers that comprise the single most significant alliance structure existing in our world today.

What did you take away from your internship experience?

As the world of current affairs constantly evolves, especially so here in the Asia Pacific, the fast-paced work every single day necessarily means that we are all responsible for keeping ourselves updated on the latest security developments around the region. Personally, working at RJIF drove home a practice of reading the news not only regularly but critically, to understand the unfolding of events in light of regional interactions. Nonetheless, it has also exposed me to a wealth of practical experiences in many disciplines that have challenged me on various fronts. Notwithstanding the research work for which a university education has well-adjusted me for, the assignments I was tasked with has taught me valuable skillsets in various important areas such as formal correspondences, webpage layout formatting, administrative scheduling, proofreading of manuscripts, secretarial note-taking of minutes, and of course, two-way translations of diplomatic, military, and parliamentary vocabularies, all of which I have grown immensely from.

All of this I attribute to the fact that RJIF remains a visionary organization with thoroughly capable, driven and open-minded individuals, where I was entrusted with great responsibilities from the very start, that have sought to challenge me and help me grow, not only as a research staff of this think-tank but personally as an individual as well. Here is a work environment where I find myself constantly thriving and always learning more at an extremely challenging pace. It is this responsibility that makes coming to work always a joy, knowing that the work I do here at RJIF that seeks to address ever-changing security landscapes, is all part of actively contributing to keeping the peace in our Asia Pacific.

One word!

Inspiring.


「社会を見る目を広げ、深く見る」

水垣 祐真|2014年5月~2015年3月
東京大学文学部社会学専修課程|製鉄・化学会社勤務
参画プロジェクト:人口民間臨調プロジェクト

インターンを始めたきっかけ

就職活動が終わり一息ついた時、残る学生生活の中で何をしようかと考えていました。そんな中で、産・官・学のうち「学」に触れ、「産」に入っていくのだから、残る「官」に手を出してみようと思ったのが発端です。どんな記事だったか内容は忘れてしまったのですが、新聞でRJIFの名前を目にし、HPで掲載されているプロジェクトに興味をひかれたのが直接のきっかけです。大きすぎる組織に属するよりも、小回りの効きそうな組織に属した方が短期間で色々な経験が出来るだろうと考えました。

インターンで経験した業務

人口民間臨調プロジェクトに一貫して所属し、新聞記事の切り抜きから書籍のチェックといった関連テーマに関する情報収集、ヒアリングメモ・会合の議事録作成といった仕事を行っていました。『人口蒸発 「5000万人国家」 日本の衝撃』の発刊が近づいた頃には、具体的なテーマ・事例のアピールポイントをリサーチし、文章としてまとめる等の業務も経験させていただきました。

印象深かった出来事

具体的なエピソードではないのですが、大学では非常に抑制的に話をされていた教授がある方向性に強いシンパシーをお持ちだったり、省庁の方々がアカデミックな世界でどういった議論があるのかを把握されていたりすることが強い印象を残しました。RJIFという場に集う方というフィルターもあるのでしょうが、皆さんがスペシャリストであると同時に、高度なジェネラリストな面をお持ちという事が、シンクタンク・政策提言という世界に縁のなかった私には衝撃でした。

財団で得たもの

インターン仲間に限っても色々なバックグラウンドを持っており、そういった人たちと知り合え、時間を共有していたという事が最大の収穫でした。

人口問題は社会の様々な問題に影響を与えていくので、それぞれの専門家の方がどの様に問題を捉えているのかを聞くことで、興味を持っていた分野も、持っていなかった分野についても知ることが出来ました。自分の社会を見る目が広げられ、また少し深く見ることが出来るようになれたと思っています。

最後にひとこと

何か特定のテーマに興味がある、政策(提言)形成の現場を見てみたい等、飛び込む理由は様々かと思いますが、常に想像している以上の刺激を与えてくれるのがRJIFでのインターンです。


「仕事の成功は最終的に良好な信頼関係に基づくという信念」

加藤 諒子|2013年12月~2015年7月
上智大学国際教養学部|School of Foreign Service, Georgetown University
参画プロジェクト:日米安全保障

インターンを始めたきっかけ

全く予測しなかった形で、教授の紹介でインターンを始めました。大学3年生の冬、周りが就職活動を本格的に始める中、大学院に進学し研究を続けたいと漠然と感じていました。その時授業を受けていた教授が「民主党政権 失敗の検証」の座長を務められた先生で、たまたま別の案件でオフィスに伺ったところ、自然と話題が将来の話などに移り、RJIFでのインターンシップを紹介して頂きました。それからはトントン拍子で話がまとまりました。

インターンで経験した業務

在籍期間が長かったので、内政から外交問題まで、様々なプロジェクトのお手伝いをさせて頂きました。中でも、日米安全保障関連のプログラムは立ち上げから携わることができ、掛け替えのない経験となりました。具体的には大規模ものからプライベートな会議の運営サポート全般、プレゼンやブリーフィング資料作成やリサーチ(日・英)を担当し、ロジスティックな作業のスキルはもちろん学業的専門性を培うこともできました。これらの経験は全て進学先の大学院を考慮する際にも決定打となりました。

印象深かった出来事

数えればきりがないですが(笑)、中でも国際会議運営のためにワシントンDCまで出張に行き、寝る間も惜しんでチームで会議の成功のために頑張ったのは一番の思い出です。また、職場柄予測のつかない急務が降ってくることもよくあり、数時間で政府高官にお渡しする文書をほぼ一人で作成したことは(もちろん後に上司にチェックして頂きましたが)忘れられない出来事です。

財団で得たもの

スキルの面では、どの職種でも求められるロジスティックな作業を、ひとつのプロジェクトが始まりひと段落つくまで、全ての段階で発生する業務を近くで見て学ぶことができたのは大きな財産です。

またRJIFは仕事の成功は最終的に良好な信頼関係に基づくという信念を揺るぎないものにしました。事業の規模に関係なく、大勢の関係者と信頼関係を築くよう努力することが、当たり前ですが、仕事の結果に直接影響するのだと身をもって体験しました。それを教えてくれた直の上司やその他の職員方々、同じインターンとして日々一緒に頑張った皆には心から感謝していますし、これからも忘れないようにしたいです。

最後にひとこと

欧米では何百とあるシンクタンクですが、日本にはまだまだ根付いていない文化なので、RJIFでの経験は特別なものになると思います。ぜひ挑戦してみてください。



インターンと塩崎厚生労働大臣

Intern Project

日本再建イニシアティブ(RJIF)では、2015年10月よりインターン生によるプロジェクトを発足させました。RJIFの大学生・大学院生のインターンが中心となり、日本社会の問題の様相を複数の当事者の視点から浮きぼりにし、主に若い世代をターゲットにして発信していくプロジェクトです。

1つのテーマについて3~6カ月を目安に、インターン生が独自に研究・取材・分析を行います。将来の社会を担う若い世代自らが危機感を持ち、広い視野で問題点を発掘し、問題提起を行います。

第1弾 日本の貧困 生活困窮者自立支援法の検証
調査・研究期間:2015年10月~2016年12月

プロジェクト概要

第1弾のテーマは目に見えない形で深化し、ついに顕在化してきた日本の貧困問題です。放置すればより深刻さを増すばかりであろうこの問題に、今後社会を担う若年世代自身が取り組まなければならないと考えました。同世代に先駆けて問題提起を行い、貧困問題を行政や現場の目線から多面的に検証します。そして、この問題に対する多様な意見を比較できる議論のプラットフォームを構築します。

本プロジェクトでは日本の貧困問題を調査するにあたり、2015年4月に施行された生活困窮者自立支援法に焦点をあてました。Special Interviewを含めた全6回のインタビューを通じ、①自立支援法(制度)が現在抱えるさまざまな課題を明らかにし、よりよい制度構築へ向けた提言を行うこと、そして②貧困問題について、当事者意識を持って考えられる機会を提供すること、この2つが本企画の目的です。

生活困窮者自立支援法の概要ならびに本企画の背景等についてはこちらの特設ページをご覧ください。

Special Interview 日本のこれから×貧困

塩崎 恭久 氏
厚生労働大臣

格差が広がる日本社会の貧困。若い世代はこれからどのようにこの問題と向き合っていけばいいのか。プロジェクト始動の、スペシャルインタビュー。

この記事へ

第1回 自立支援法の「理念」を探る

古都 賢一 氏
国立病院機構 副理事長 元厚生労働省審議官

法律の基礎となったのは、厚生労働省の社会保障審議会・特別部会が発表した報告書だった。かつて同会の取りまとめ役を担い、重要な福祉改革に携わってきた古都氏が、法の理念とこれからを語る。

この記事へ

第2回 自立支援法の「運用」の課題とは

巻口 徹 氏
横浜市中区福祉保健センター 担当部長

法の実施主体たる自治体はどのように貧困問題に取り組んでいるのか。横浜市中区の先進的な福祉事業をリードしてきた巻口氏が、自立支援事業の課題と、福祉に懸ける思いを語る。

この記事へ

第3回 支援の現場から見る法の「現実」

工藤 廣雄 氏
横浜市生活自立支援施設はまかぜ 施設長

「どや街」と呼ばれる横浜市寿町にあるはまかぜは、路上生活者とその恐れのある人々の人権と尊厳を守る活動を続けてきた。常に当事者の立場に立ち、貧困問題の最前線から現場を見続けてきた工藤氏が、制度と現実について語る。

この記事へ

第4回 制度の中に生きる「人」

昆 正人 氏
横浜市生活自立支援施設はまかぜ 利用者

法律や制度は、その中に生きている人のために何ができるのだろうか。豊かに見える日本社会の中にも、苦難を味わう人々がいる。昆氏が語る力強い言葉の数々から、当事者の目線で自立支援法を見つめる。

この記事へ

第5回 「住まい」から見た困窮者自立支援

稲葉 剛 氏
認定NPO法人自立生活サポートセンターもやい 理事

住まいや住所がなければ、日々の生活を維持することはおろか、職に就くことも困難である。もやいの理事として入居支援事業に取り組んできた稲葉氏はこう指摘する。「困窮者自立支援法は、住宅支援が弱い。」

この記事へ

第6回 自立支援法と生活保護法の関係

布川 日佐史 氏
法政大学 教授

自立支援法はすでに生活的に困窮している人のための救貧制度としての役割と、さらには生活保護との関係からすると貧困を防ぐ防貧制度としての役割も期待される。生活保護制度を専門とする布川氏に、自立支援法のあり方を伺った。

この記事へ

第7回 自立支援法と「若者」

宮本 みち子 氏
放送大学 教授・副学長

自立支援法という法律の特徴として「厚労省の行政官たちと、現場で活動する方々、研究者などが、こういった今まで考えてきたアイデアを結集したもの」であると話す宮本氏。自立支援法によって、安定した仕事に就けない若者の現状が打破されることを期待している。

この記事へ
Print