より良い提言を日本と世界のために発信する、独立系シンクタンク
MENU

Financial Times紙に当財団代表理事 船橋の記事が掲載されました

5月1日、Financial Times紙に当財団代表理事 船橋の記事 “The west can look for answers in Japan’s lost decades” が掲載されました。

日本の「失われた20年」で犯し続けた過ち – 多大な財政支出、人口転換への遅すぎた対応 – を欧州諸国も経験しうるため、「失われた20年」からの教訓を参考にすべきだと警鐘を鳴らしています。

記事はこちら(記事の閲覧にはサイトへの登録が必要です)

印刷
よく見られている記事